So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の午後 [仕事]

研修医くんものこりわずかのお預かりとなりました(9月いっぱい)。
本日午後一番には研修課題項目のインレー(一部銀歯)をセットする予約が入っていました。午前中の10時くらいだったでしょうか。研修医君がやってきてこういいました。
研「言うの忘れていたのですが今日の午後3時から健康診断に○○にいきます。午後2時にインレーセットが入ってるんですよね・・・。」
おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い。それってどういうことでしょう。なんで今日の今言うの?
研「院長には言ったんですけど」
「私が聞いたのは今なんですけど・・・」
研「すみません」
このあとにいろいろと研修医の話は続いたがおもいだすのも腹立たしいのでカット。
「今回のケースは無かったことにしますので」の台詞しか思いつきませんでした。

ちょっと時間をおいてから聞いてみれば 健康診断の通達は1ヶ月以上前にあったとのこと。1ヵ月も猶予があったのか!。前もって知っていればいなくなる時間帯にわざわざその人呼んだりしないのにねぇ~。

残り2週間 はたして課題ケースは終了するのでしょうか!指導医としてはこころ砕くところです。


2006-09-16 00:16  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

どこまで覚えていられるのか [仕事]

今日も今日とてお仕事ネタ。

歯医者さんで銀歯いれたことありますか?銀歯を仮止めにすることがあります。ちょっと使ってもらって大丈夫か確かめるのです。

さて、前回仮止めにした銀歯。使ってもらって大丈夫だということで本止めすることになりました。仮のときは裏側に取り外しのときに使うボッチがついているのです。よってこの日することは
①銀歯を一回はずす
②仮止めの材料を取る
③ボッチを削って落とす
④本止め
と相成ります。

本止め決定の話がつきましたので、研修医くんに
「大丈夫だったそうだから 銀歯はずして仮着材料除去してボッチ(ノブといいます)とって」
研「ハイ」
会話が終了したので私は退散です。
しか~し、数々の武勇伝をもっている研修医ですから怖くてまかせっきりにはできません。よって、ちょっと離れては遠くからのぞき・・・ってなことを繰り返すわけです。
席を外したところボッチに機械をあてて、銀歯を取りにかかった研修医。が、思ったより仮止めがしっかりしていてなかなか取れない様子。
「頑張れっ」と心で応援しつつその場を離れる私。だってその場にいると取り上げたい衝動に駆られるのですもの。
しばし待って再度覗きにいくと、仮止めの材料を除去している雰囲気。遠くから顔をだして「銀歯取れた?」ときいてみれば研「取れました。仮止めの材料除去してます」とのこと。
ほぉ よく取った。根をあげるかと思っていたのだがやればできるではないか。←こう思ったところまではよかった。
そろそろ②もクリアーして③が終わってるかな?またまた覗きにいってみる。今度はさっきよりかなり近くまでいってみる。するとどうだ。衛生士がまさに本止めの材料を練ろうかと準備万端の状態ではないか。
・・・ちょっとまて、前に戻ってみよう・・・

以下コピー
本止め決定の話がつきましたので、研修医くんに
「大丈夫だったそうだから 銀歯はずして仮着材料除去してボッチ(ノブといいます)とって」
研「ハイ」

この受け答えに「本止めして」は含まれていないのである。

研修医と目と目があった。
意気揚々と
研「本止めします」
・・・なんか いや~な予感。
「ボッチ取ったんだよね?」
研「取ってません」
「・・・・・・・取ろうよ」

さて、私が冒頭で頼んだ事柄は3つ。①仮止めを取ること②仮止めの材料を除去すること③ボッチをとること。
3つのことを同時に頼むのは酷?。頼みすぎ?。

ああああああああああああっ 納得できないわぁぁぁ。

残念ながらまだ続きが有る。
しばし経ち
研「ボッチとりました」
本当かどうかチェックする私。本当はチェックなんていらんのよ・・・信頼できるんならね。
「じゃ 本止めしようか・・・」
研「ハイ」
本止めの材料を練り始める衛生士。一生懸命練っております。練った材料を銀歯にいれ研修医に渡そうとした瞬間、手が滑って銀歯は床の上を転がりました・・・。思えばこれが不吉の前兆だったのかもしれません。
「よく消毒してもう一回行きましょうね」と衛生士を気遣い、再度本止めの材料を練ってもらい銀歯の中にいれ研修医に渡してもらいました。研修医は銀歯を受け取り患者さんの口の中に入れます。入れてから浮かないようにちょっとたたいたりすることもあります。研修医は入れて即たたいてました。その後患者さんに噛んでもらい
研「大丈夫ですか?」と問う研修医。
患者「・・・」首をかしげて「違う気がする」
こんな会話が出た日にはそりゃあ焦ります。だって仮止めのときは大丈夫だったのですから。
そのままの研修医。
焦ろうよ。おもいっきり焦ろうよ。
が、研修医はすごかった。そのままロールワッテをかませたのである。

ちょっとまて、違うといっているのをなぜそのまま噛ませる。接着剤が固まってしまうじゃないか。
研修医の肩をたたきチェンジです。患者さんは「やっぱり違う」と行っています。銀歯をのつなぎ目を見てみるとちょっと合っていないではないですか。
「やべっ」もう心臓冷や汗ものです。研修医がもたもたしていたので変わったところで修正無理かもしれませんが、ちょっと上から銀歯たたかせてもらいました。が、やっぱり患者さんが言うには違うとのことだったので、すかさず「除去の機械」で本止めし始めている銀歯を歯から取り外そうと必死に頑張りました。今回は早めだったのでなんとか無事除去することができたので本当にラッキー
本止めの材料を除去し、自分で口の中に合わせたところ
患者さん「大丈夫です。」とのこと。ここから先は自分で本止めしました。

のちほど研修医に「なんでこういうことになったのか考えてください」と言っておきましたが、漏れ聞くところによるとその日の午後、他の先生に
「自分が研修医だから患者に銀歯をセットするとき意地悪をされた。ドクターによって態度を患者が変える」といっていたとか。

己には反省という文字はないのか?。あのまま取れずに固まってしまっていたらどうなっているのか解っているのか?

私はどう研修医に対応しようかと頭悩まし中であります。暖簾に腕押し状態。山手線一周ゲーム悪循環モード。表現するならコンナ感じでしょうか。


2006-09-12 22:37  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

導線 [仕事]

何をするにしてもテンポとか準備とかあると思うのですが皆さんはどうでしょうか?。特に仕事なんぞというものは準備がものをいったします。いつくるかわからない診療のため勉強したり、準備する道具で便利なものはあるんじゃないかと探してみたり、仕事をしながら次あれしようこれしようと空想したり。
想像してビジョンが見えればスムーズにことが運ぶことが多い←常識の範疇と思っていた私。

自分の常識は範疇を超えているのか?と不安になる今日この頃。今月まで滞在する研修医。研修が始まってもう6ヶ月目。いい加減処置内容を聞けば「次はこれだな、いやこっちかも?」なんてかんがえてくれちゃってる?と思う指導者が酷なのかしら。

患者さんとの会話をそばで聞いているにもかかわらず、次に起こるであろうことが予測できていない。予測できていないから当たり前だが準備できない。

まあ、おおまけにまけてそれは好としとこう(よくないが)。でもね、次にやろうとしている事柄を阻止するのはやめてほしいのだ。具体的にいえば、研修医君の立ち居地が悪いのだ。
これから歯型を取ろうというときに、歯型を取る人がはいる立ち居地でぼーーーーーっと材料が練りあがっていくるのを待っているなんてのはざら。そこで待っているのであれば取ってくれるの?とおもいきや取るわけではない。ましてや頼んだ日には失敗作品の山。
具体的にいうのであれば、材料を取り出す扉の前に仁王立ち。お願いだからやめて。せめて取ってくれるのならまださしも、いわないとどいてくれさえしない。
具体的にいうのであれば、仕事する気ある?

そう思うたび 私は器の小さい人間なのだと。新人類と言われた世代がこう思うのだから先輩方はハラワタが煮えくり返ってしまうのだろう。
思いおこせば自分にも新人時代があったのです。・・・こんな感じだったのかな~。

せめて、診療の導線を断ち切る立ち居地にいるのはやめてほしいとおもう今日この頃。


2006-09-09 22:30  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(15) 
共通テーマ:仕事

クマリフト [仕事]

まずは説明から。
クマリフトという会社があります。
HPはこちら
http://www.kumalift.co.jp/
まあ、小型のエレベーターとか車椅子を一階から二階にあげるのに階段の手すりにつける昇降機の類を作っている会社です。

で、私が勤めている会社は歯医者なのですが3階建てでして、一階に受付と小児・障害児 二階に一般診療 3階は手術室 と区分けされているのです。まあ、こみいってきますと一階も二階も区別がなくなってくるのですが。
で、セパレートしていると困るのがカルテの運搬ってことになるわけです。いちいち階段を登ったり降りたりしていられません。で、クマリフトの小荷物運搬用昇降機が取り付けてあるのです。
病院の中では 通称 クマリフト と呼ばれています。

ふぅ 前置き長かった^^。
8/31のことです。研修医君は毎週木曜日がお休みなのですが、自主的に木曜日に出勤してきました。ちなみに私のお休みは水曜日です。
まぁ、やる気は認めましょう。出勤してきたので私のアシスタントについてもらったわけです。
一般的に木曜日というのは歯医者はお休みです。ここの病院も大半が木曜日にお休みを取っていますが、診療室は開院しています。つまり木曜日診療はしていますが、通常よりは小規模人数て診療を行っているわけです。衛生士の数も必要最低限しか出勤していません。
通常は患者さんを診療室にいれるのは衛生士なのですが、その日は木曜日なので数が足りない状態だったわけです。
なので、自分で次に予約の入っている患者さんのカルテを私が持ち、その患者さん用にセットされている診療台のところでカルテに目を通しておりました。
そこに研修医君がやってきたので
「いれて」といってカルテを渡しました。
研「はい」とにこやかに答えカルテを受け取り(ここまではよかった)患者さんを迎えに行くのかとおもいきや、迎えにいく一本手前の道を折れ曲がっていくではありませんか。
「・・・・」 
一本手前の道は消毒室につながる道。
「消毒室に用事でもあるのであろうか?」とさほど気にしていなかったのです。まぁ、いやな予感はありましたが。
しばらくすると 手ぶらでニコニコしながら帰ってくるではありませんか。帰ってくるなり質問を始める研修医。
ちょっとまてえええええええええええええええええい(怒)。患者さんは?カルテは?
もう一度ゆっくり さっきよりちょっと大きな声で「い れ て」と頼んでみました。
すると研修医目をひん剥いて消毒室に消えていくではないですか。

・・・・ええ、ええ、消毒室にはクマリフトが発着するんです。
まだ、診もしていない患者さんのカルテを クマリフトに イレテ 一階に下ろしちゃったんです。

クマリフトにイレテどーーーする。患者さんいれるのよ 患者さんを!。


2006-09-02 23:24  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

抜けん!! [仕事]

毎週水曜と日曜がお休みの週休2日制♪
2日いって休憩 3日いって休憩
いいペース配分です

さて、私の職業は 歯科医師 であります。
ま、みんな好きな場所ではなかろう(笑)。

本日右側の親知らずを抜いた17歳の女の子がいます。
この子生活保護を受けていまして、したがって自己負担は0円
生活保護を受けているのは未成年者のせいではありませんから、それは良いとしましょう。
が、お話していると脳みそ少ないでしょ・・・というのが手に取るようにわかってしまうのはどうかと思います。

親知らずを抜く話になったときに
17歳「まま 歯医者なの」
たま「だったらお母さんに抜いてもらえば?」
17歳「やだ 絶対。乱暴なんだもん」
????????????
ちょっとまてーーーーーい
母親が歯医者で何故生活保護!
根本的に食い違っているだろう
よくよくつじつまを合わせていくと母親は歯科助手でした(歯科助手は国家資格ではない)。

・・・・母親の職業くらい覚えようよ。

さて、今日このちょっと脳みそ少なめ少女の親知らずを抜く予定日でした。
右側の上下の埋まっている親知らず(埋伏歯といいます)を抜くので、下から始めました。
おもったより簡単に下は抜けたのです。
たま「抜けたよ」
と、声をかけたのがいけなかった。
まだ切ったところ縫っているのにしゃべりだしたのだ この少女!!。
えええええええええぃ うるちゃい しゃべるなっ(怒)。

今思えばここでやめておけばよかった。
調子に乗って上も始めたんですが・・・
これが見えないのよ。歯茎きったのはいいんだけど埋まっている歯が全く見えない!。
わたしゃ 抜かないでこのまま歯茎縫い合わせてしまおうかと真剣に思い悩みました(苦笑)。
抜かないで閉じてしまおうと数度思い悩んでいたところ、やっと目当ての歯が見つかり何とか抜きましたが、暫く抜歯は ごちそうさま 状態に陥りそうです。

この少女の処置が午前中の最後だったのですが、この処置が終わった時点で本日の業務はすべて終了しました。気力がつきましてございます^^;。


2006-07-02 00:06  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

卒後何年から一人前というのでしょうか [仕事]

卒業して社会人とし羽ばたいてから2つの手を折り曲げるだけでは対応できないくらいの年月がすきました。
気分は今でも新人っ!位の勢いなのですが、世間はそうは見てくれません(笑)。人に紹介されるとき「ベテランだからっ」という接頭語がつき、自分でもびっくりしてしまいました。まぁ、卒業直後と比べたらそりゃベテランでしょうけどね。

仕事もそれなりにこなしてきているわけですから、大体の対処の仕方・所要時間などはわかりつつことを進めるわけなのですが、どうしてこう「時間の配分ができない」とでも申しましょうか「自分の能力を把握し切れていない」とでも言うのでしょうか はたまた「転職する?」とお薦めしたほうがいいのでしょうか?そんな人いませんか。
別にね、自分でできると計算して仕事をして勝手にドツボにはまってもがくのは「自業自得」ですからね いいんです。自分が頑張ればいいのですから。
なんで安請け合いするわりには頑張れないのかしらん?。頑張れないというんじゃなくて 空回りというのかしらね。だったら最初から手をつけなければ良いのに。別に頼んだわけでもなく、自ら進んでやりたいと申し出ている事柄だったりするものだから、周りからは総スカンものです。
かつっ、且つです。その敗戦処理を時間がたってから人に振るなっ!。しかも上司を使って!!。

締め切りの時間は目の前だわ、私の昼の時間は無くなるわ・・・ああ、週末だというのに~。
新人の敗戦処理なら「ああ、あるある 私もそんなことしてきたよ」と寛大にもなれるのですが
3期下の人にやられるとね・・・さすがに適職なの?なんて考えてしまった次第です。

仕事終了後「すみませんでした」と謝られて 怒る気力も無く「お疲れ様でした、大変でしたね」なんて返事している私が小心者?(笑)。


2006-06-04 00:36  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。